MENU

就職・転職の企業

 

就職・転職をする際にはその企業がどんな企業なのか自分の目で見て考える必要があります。認知度が高ければ優良企業だと思っている人も中にはいるのではないでしょうか。しかしながら、認知度が高いからと言ってそれがすべて企業イメージにつながるというわけではありません。就職・転職を考えている時には、イメージなどで選んでしまいやすいですが、しっかりと、その企業のこれからの将来性、そして安定しているかどうかなども考えなければいけないのです。就職・転職をするときには企業から選んでもらうといった自分は選ばれる側というイメージを持っている人も多いと思いますが、実際には、就職・転職は自分が企業を選ぶといってもいいと思います。
これからその企業で働くのですから、就職・転職をしたいと思っている場合には、企業をしっかりと選ぶ必要がありますね。営業収益はどうなっているのか、そんなことも確認が必要なのです。企業によっては営業収益も確認できますから、将来性を見るためには大切なポイントです。せっかく就職・転職をしたのに、将来倒産するなんてことがあっては時間が無駄ですから。今は安定していても今の世の中将来どうなるかなんてわかりませんが、その兆候はわかると思いますから、あらかじめ就職・転職をする際の判断基準として企業をしっかりと情報収集してみておくということが大切です。イメージや認知度だけで企業を選んで就職・転職をするようにしましょう。

就職・転職の履歴書のポイント

 

就職・転職をするときの履歴書のポイントを説明してきます。就職・転職で履歴書を出すポイントは一つではありませんからいろいろと確認しておく必要があります。たとえば、一番に迷うこととして、履歴書の日付の欄には提出する日付か書いている日付かどちらを書けばいいのか迷ってしまう人が多いと思いますが、この際は提出する日を書くのが一般的です。
そして就職・転職の履歴書の写真ですが、デジカメで自分でとって、それを貼っているという人も中にはいるのですが、きちんとした就職・転職の履歴書ですから、必ず写真はきちんと取った方がいいでしょう。一番いいのは写真館で撮ることですが、機械でとってもいいでしょう。
就職・転職の際の履歴書で、職歴を書くところがあると思いますが、入社と退社の今までのものをすべて書かなくてはいけません。学歴の場合には義務教育を卒業した翌年から書き始めます。
就職・転職の履歴書でいちばん難関のポイントといえば何と言っても志望動機だという人は多いと思います。志望動機を書く場合にはだらだらと書くのではなくて、要点をまとめながらいかに自分がその会社に熱意をもって志望しているのかを書くのがいいでしょう。
就職・転職を考えている人は、履歴書の書き方一つで採用不採用が決まってしまうことがありますから、きちんとポイントを押さえて、履歴書を書くようにすれば就職・転職もスムーズに進むのではないでしょうか。丁寧に心をこめて書くようにしましょう。

就職・転職の志望動機

 

就職・転職を希望している人は必ず履歴書や面接で聞かれるのが志望動機です。これは100パーセント必ずと言っていいほど聞かれることではないでしょうか。就職・転職の志望動機は、なぜ自分が数多くある会社の中から、就職・転職先としてこの会社を選んだのかということを聞かれますからそれについてわかりやすく、そして相手の心に伝わるように話をしなければいけないのです。
就職・転職の際の面接などでは、この志望動機がきちんと話せるかどうかによって採用が変わってくるとも言われていますから、いつどんな形で質問されてもスムーズにわかりやすく答えられるようにしておく必要があります。常日頃から、就職・転職の際の志望動機を答えるトレーニングをしていれば突然聞かれた時に答えられなくて思いが伝えられなかったということがありません。
就職・転職先によっては自分の第一志望でも、志望していないけど面接を受けているとか、選んでいるという人も中にはいるかもしれません。そんな場合にはなかなか志望している時に比べると、志望動機を話すことが難しくなります。選んでいないからと言って志望動機がいえないなんてことがないように、しっかりとあらかじめ自分が選んでいなかったとしても志望動機を答えられるようにしておきましょう。
就職・転職で志望動機を聞かれることは絶対ですから、聞かれて困って何を答えていいのかわからなくならないように、履歴書に書く段階からきちんと書けるようにしておきましょう。